CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 12月のアクセス解析 | main | 最近 >>
食の安全とは
近年,『食育』という言葉が
新聞紙上などで聞かれる機会が増えた。
要は,正しい知識を持って食事の段階から
病気の原因となりうるリスクを減らす,
というものである。
コレステロールやカロリーを計算し,
ビタミンや食物繊維を多く摂取する。

しかし,その元となる『食品』そのものの安全が,
今脅かされている。
日本の食糧自給率は3割程度。
その他は中国などからの輸入食品がほとんどだ。

原材料となりうるキャベツなどは
検疫所で厳密に残留農薬の調査をし,
国内に出回る野菜の安全は確保されているようだが,
加工食品についてはこれまで
スルーされてきた。
それが,今回の一連の事件でスルーできない事態となった。
中国製品の商品イメージは大きくダメージを受けたことだろう。

だからといってそのまま中国製品の輸入ストップなどをしたら
日本人は飢えてしまう人も出てくる。
だからこういう事態になっても毅然とした態度をとりにくい。

食の安全を考えるならば,
国内で生産し,加工し,消費する『地産地消』の方が
リスクは低い。
しかし,国内で生産した場合,コストが大きくかかる。
農業など辞めてしまえという暴論も出るくらいだ。
しかし,コストが高くなるのは消費地と生産地が遠いこと。
生産者が個人であること。
農協がピンハネしていること。
農業も会社制度のように制度改革して,
農協を通さずに直接取引にすればかなりコストは削減できる。
あとは生産地をなるべく大消費地近辺に持ってくることである。
これで輸送コストが削減できるだろう。

いきなりやれとは言わない。
が,日本の食の根幹をも揺るがす事件だけに,
将来を見据えて少しずつ自給率を上昇させ,
いざというときに備えをしておいて欲しいと思う。
| | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.red-5.org/trackback/723278
トラックバック